三洋金属株式会社は、おかげさまで2019年に創業60年を迎えました。
現在は岡山を中心に全国に展開。非鉄金属を中心とした様々なリサイクル・中間処理を行っております。

弊社はISO14001を取得しております。
地球環境に負荷をかけずに、徹底した環境配慮のもと運営しております。
自動車用バッテリーリサイクル


自動車用バッテリーがどのようにリサイクルされているかご存知でしょうか?
自動車用バッテリーは通常の廃棄物と異なり、人体に有害な「鉛」や「希硫酸」を含んでおり、不法投棄や適切な処理がされず廃棄されると地球環境に悪影響を及ぼします。

三洋金属株式会社は、自動車用バッテリーを中心として60年間、解体・分別を行い環境保護に取り組んでまいりました。

今後とも「資源の有効利用」を合言葉に、社会に貢献する企業として努力を続けてまいります。

三洋金属株式会社とは

徹底した環境配慮
弊社は有害廃棄物の中間処理を行うにあたり、社内体制から工場設備にいたるまで徹底した管理を行なっています。

有害物の地下浸透や土壌汚染を防ぎ、環境保護のための取り組みをし続けています。
60年の歴史
1959年に創業し、60年以上もの間、地元岡山県にて非鉄金属卸売業を行ってまいりました。

長年培った技術と実績をもとに、今後ともお客様の信頼に応える安心したサービスを提供いたします。
西日本を中心とした実績
岡山県を中心に九州から四国、名古屋に至るまで西日本の幅広い地域で実績を持っており、多くのお客様から信頼のお声をいただいております。

豊富な実績のもと安定したサービスをご提供いたします。
西日本を中心とした実績
岡山県を中心に九州から四国、名古屋に至るまで西日本の幅広い地域で実績を持っており、多くのお客様から信頼のお声をいただいております。

豊富な実績のもと安定したサービスをご提供いたします。

SDGsへの取り組み

事業内容

廃バッテリーの中間処理

廃バッテリーの中間処理は弊社の中心となる業務です。

廃バッテリーとは、自動車や無停電電源装置で使用された鉛蓄電池を指します。人体に有害な「鉛」や「希硫酸」が含まれているため、適切な中間処理が必要となります。

弊社ではISO14001を取得し、徹底的な管理のもと中間処理を行なっています。

銅滓の中間処理

銅滓の中間処理も弊社の主要業務の一つとなります。

銅滓とは、銅の精錬工程や銅製品の製造において発生する残渣です。

弊社において適切な処理を施すことで、銅やその他の金属の原料として再利用できる品質の高い銅滓を提供しています。


ごあいさつ

三洋金属株式会社は、「凡事徹底」と「千変万化」というスローガンのもと、リサイクル社会の一員として使命を認識し、人々が安心して生活を送ることができるよう、限りある資源の再利用を推進しています。

また、「企業倫理・法令遵守」並びに「安全・防災・環境保護」を最優先の経営課題として位置付け、企業の社会的責任を果たすための活動にも積極的に取り組んでいます。

すべてのステークホルダーにとって存在価値のある企業であり続けたいと考えています。

三洋金属株式会社
代表取締役 黒本明雄

工場・設備のご紹介


本社工場 (2012年竣工)

東工場 (2011年竣工)

浜野工場




会社概要

会社名 三洋金属株式会社
創業年 1959年1月
代表者 代表取締役 黒本 明雄
所在地 本社工場
〒700-0853 岡山県岡山市南区豊浜町10-52
東工場
〒700-0853 岡山県岡山市南区豊浜町10-36
浜野工場
〒700-0845 岡山県岡山市南区浜野4-21-33
電話番号 086-264-2177
代表者 代表取締役 黒本 明雄

本社アクセスマップ

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信